捕虜護送 442部隊 日系二世

こちらのジオラマは日系二世兵が、二人のドイツ兵捕虜を前線基地まで護送しているシーンを再現してみました。


先頭の左腕を負傷しているドイツ兵が踏んでいる格子のアミの部分から
先が前線基地。という設定です。
1 

少々緊張して銃を構える二世兵が「基地まで無事たどり着いた!」と
心なしか表情が緩んでいる様に見えれば成功です。

 2 


日系二世兵の素体は手足を双方とも3センチづつ詰める
カスタムを施しています。
銃剣・Tボーンシャベルなどの長さのある物を、身体前面の
目立つ部分に持って来て身長の低さを強調しています。

M41フィールドジャケットのソデ口も捲り上げさせています。
これも手が短く見える様に強調する為です。
ちなみに商品のM41フィールドジャケットでは裏地は省略されて
いますので、付いていません。裏地を付けるとソデ部分が
ダブついて良い感じのシワが入りにくくなる為です。

 
今回は、試しにドイツ兵のBDUも、be-com.SHOPで作ってみました。
上着は肩からあばら辺りまではひじょうにタイトに、
スソに行くにしたがって綺麗に広がるラインを出してみました。
トラウザースもひじょうに太く作りました。
ブーツもいつも通りにトイソル現用ブーツを使用し
レギンスを限界まで細く作りました。

生地にもこだわりましたので細かいシワが発生しているのが
お解り頂けると思います。


戻る