★ 2006’ブラックホール&ミリタリーコンベンション ★ 

『2006’ブラックホール&ミリタリーコンベンション』が5月5日(祝金)、6日(土)の2日間、
浅草の都立産業貿易センター台東館で開催されました。


<MATSU@BE作品ブース>


<出品作品>


・WW2・JP 僚機!

WW2・US バストーニュ

WW2・US 82空挺大佐


<お気に入り作品>

今回の僕(MATSUYAランド)のお気に入りは
taka-excさんとAKxGRENADIEREさんとsugisanさんの
3名の方作品が凄く目を引きました・・・笑。


<taka-exc氏作品>
こちらがtaka-excさんのドイツ兵・・・。
凄く重そうに銃を持っているのがよく分かる
作品で見事でした・・・笑。
ポージングが良いですね。

背中のバックの垂れ下がり方も
良い感じでした。
このあたりの細かく配慮された設定が
上手い!と思いました・・・笑。

足のもつれ具合も(笑)上手くポージングに
表現されていると感じました・・・笑。

pp


<AKxGRENADIERE氏作品>
こちらもドイツ兵で・・・AKxGRENADIEREさんの作品です。
下半身を太く見せる事で、上半身を小さく
感じさせています・・・
これってドイツ兵を作る上で、
カッコ良く見せる為のひとつの方法で・・・
「分かってるな〜!」って、思いました。

近くでよく見ると、ソデがパチパチに張りながらも
要所にシワを入れて「着込む」という、
表現がされていました。

そもそも兵士の戦闘服(及び制服)って、
互換性を追及した為に・・・寒ければ重ね着する。
って具合に考えられています。
このあたりが、上手く表現されていると感じました・・・笑。


<sugisan氏作品>
こちらは、フィグとはちょっと違いますが・・・杉さん作の2次戦米軍の小物達です。

こうして画像で見ると、まるで本物・・・笑。
新作の木箱。も・・・凄い出来で・・・。早く手元に置きたいです・・・笑。

ちなみに杉さん製作の小物は、全て購入が出来ますので、皆さんも一度手にしてみると、
そのこだわりの作り込みに舌を巻くはずで・・・笑。

ただ、このケースの正面角部が大きくて、中の小物を歪ませて見せていたので・・・もったいなく思いました・・・汗。
杉さん、ケース変えましょうよ・・・笑。


★be-com.SHOP★トップへ  ★展示会目次へ