「〜MP〜HARLEY・DAVIDSON・WLA45」 -バイク兵-
〜AKさんとのコラボレーション作品〜

バイク兵を作ろうと、アイデアしました。
でっ、結局、MP・・・安易ですね・・・反省・・・。

ハーレーはAKさんにウエザリングから細部の再現のし直しをお願いしました。
この風防付けたハーレーの再現は、業界初めてかな???

AKさんとの最初のコラボ。って事もあったので、とにかくハーレーが目立つ様に設定しました。
ですから、ビネットには一切余計な物を再現しませんでした。ただ街中の道端を再現したのみです。

今回の衣装での注目ポイントは、「初期型タンカース」と「将校用の乗馬ブーツ」です。

実は、この初期型タンカース・・・be-com.SHOPの監修者である僕も欲しかったアイテムで・・・
「古参兵」って演出が、これを着せるだけで出来ちゃいます。
「後期型タンカース」との分かりやすい違いは、お腹のところのポケットの作りで、
後期型はポケットが内蔵型になっていますが、前期型だとポケットが外付けとなっています。
これは、ワンポイントとなりますので、作品を引き締めます。

乗馬用ブーツですが、靴部分はニューラインのドイツ兵用の締め上げ型ブーツです。
このブーツの足首から上をカットして、そこにひざ下までの当て側を本革にてカスタムしています。

で、今回カスタムしたヘルメットですが、耳の部分に戦車兵用の耳当てが覗いています。

これはドラゴンでも再現されていますが、要は内帽を外して、その代わりに戦車兵用のヘルメットを被っているんです。
ですから、内帽に付いているヘルメット前面ひさしに周るベルトは付けない。と、言う事です。
で、その為に大きいサイズのヘルメットは使いたくなかったので・・・耳部分と後頭部部分だけ本革で作って、ヘルメットの内側に貼り付けています。
これで、ヘルメット自体が大きくなる事を防ぎました。

とにかく、ヘッドに付属する部分はタイト(小さく)に作らないと、被り物の大きさが際立って大きく見えてしまいます。
ここは重要なチェックポイントですので、ご注意下さい・・・。

戻る