−4−

★be-com.SHOP★が資料とした本

 

【写真集】ヨーロッパ戦線1941-1945 戦場のGI 
(ワールドフォトプレス¥1800)
★★★☆☆
完全なる戦場写真集。当時の戦場風景などが日本語の解説で読める一品。
写真一枚一枚から、どういう軍装備をしているのかチェックして行く作業は楽しいもの・・・。
写真の背景の風景から季節を読み、その季節の軍装備はどうであったのか・・・等と
想像を膨らます事が出来る。
【解説書】U.S.ミリタリー雑学大百科 Part1
(グリーンアロー出版社¥2286)
★★★★☆
言わずと知れた“U.S.ミリタリー雑学大百科”。
アメリカ軍ファンとするとこの本は持っていないといけません。
この本も“読む本”なのですが以外や装備品の資料性もひじょうに高いです。
装備品の表記はイラストによるところが多いのですが考え方を変えれば写真より
分かりやすい!場合もアリ・・・。
【解説書】U.S.ミリタリー雑学大百科 Part2
(グリーンアロー出版社¥2286)
★★★★☆
“U.S.ミリタリー雑学大百科”のPart2です。現在“コンバットマガジン誌”でも連載を
お持ちの菊月俊之氏の筆による“読む本”。軍装備の資料はひじょうに高い!
が、誤字脱字がひじょうに多く出版物としての評価は・・・?是非とも日本を代表する良い
内容の本なので増刷の際には修正されたし・・・と、切に思う。
【解説書】COMBAT!クロニクル TVドラマ「コンバット!」エピソード・ガイド
(グリーンアロー出版社 ¥2500)
★★☆☆☆
皆さんご存知のTVドラマ「コンバット!」のガイドブック。
コンバットの再現を志す向きには持っていても良いかも?的、存在感。
この本の内容は日本で放送された全152話の内容紹介と出演者達のエピソードをまとめた本。
本文中に散りばめられた写真は装備品の資料としてはイマイチ。
でも、各出演者の装備の粗方は掴める。それにしても懐かしくなる本だ。
【写真集・解説書】激闘 西部戦線(1) ノルマンディ上陸戦闘(1) 
(デルタ出版社¥2350)
★★☆☆☆
グランドパワー2月号別冊と別記されている通りでグランドパワー誌の別冊誌である。
当時の戦場写真集としては凄いの一言!この本自体、戦場写真集と言うくくりなので
軍装備については資料性は薄い。だが情景を作る際には資料性は高い。
【写真集・解説書】激闘 西部戦線(2) ノルマンディ上陸戦闘(2) 
(デルタ出版社¥2350)
★★☆☆☆
こちらは第2巻。軍装備の評価は低いが戦場写真集として5重★。出来れば!の話だが
写真をデジタル処理して鮮明度を上げるとかしてもらえると嬉しいのだが・・・
後半の解説文も読み応え感が強い。大人向けの一冊!と、言う感じの本だ。
【写真集・解説書】第2次世界大戦 世界の空挺部隊
(デルタ出版社¥2350)
★☆☆☆☆
こちらは“世界の空挺部隊”とうたわれている通りアメリカ・ドイツ・イギリス・ソ連・
イタリア・日本の空挺部隊の戦場写真が見られる。
よくもこれだけ空挺に関する写真を集めたな!と、感心しきりである。
ただ写真の鮮明さが悪い事もあるが軍装備の資料としてはイマイチの評価。
【解説書】アメリカ陸軍全史
(株・学習研究社¥1800)
★★☆☆☆
“[歴史群像]第二次大戦欧州戦史シリーズ・21”と言う表記からもわかるがWW2物の
シリーズ本の一冊。写真も以外と多く使われてはいるがやはり“読む本”の傾向が強い。
時間を掛けてジックリと読むのがこの本を楽しむコツだろう。
軍装備についてはご覧の評価となる。
【写真集・解説書】イカロスムック J Graund vol.1
(イカロス出版社¥1714)
★★☆☆☆
この本は陸上自衛隊に関するムック本である。ではなぜご紹介したかと言うと
「バンドオブブラザース」徹底研究と言う企画の2色ページがあるからだ。
一応と言う形だが空挺の装備品がわかる。
ただ自衛隊に興味が無くこの企画ページの為だけにこの本を購入するとしたら
少々お高く付くかも・・・・・・。

P. |4

 

★be-com.SHOP★トップへ