Kerry  (2010/01/某日 改)

NEW・ブログへ(2011.10.05)

p

黒いベレー帽を被らせて、これでケリーさんの完成です・・・。
これまでのコンバット!企画の中でも一番の出来となりました・・・嬉。
全身を観てもとても似ている。と言うのが自分での印象です・・・笑。

先ずケリーさんの銃の構え方を見て下さい。
左構えで手首をこうして捻って構えます。カッコ良いですネ。

それと気が付くのは装備品の単純化ですね・・・。
コンバット!の場合、おそらく任務が基地の周辺警備ばかりだったんでしょうね〜???
映画のSPRみたいに、いつ帰って来れるか分らないような任務だと 装備の量も凄い事になりますからね・・・笑。
空挺も同様ですが。

印象的なのが、M41FJを腕捲りしているところです。
そして、M41FJと歩兵シャツのエリを立てているところも特徴です。
これにベレー帽被るんですから、凄いお洒落さんですよね。

p

p

これが「黒のベレー帽」です。
ケリーさんの最大の特徴ですね。左横にU.S.マークが付いてます。
ちなみにこれはbe-com.SHOP製のエッチングセットに入っています。

劇中でもこうしてベレー帽被るんですけど……
実にカッコイイですよ〜〜〜笑。
で、劇中でもかなりの凄腕ガンマン(ライフルマン)で
ドイツ兵をバッタバッタとヤっつけちゃうんですね……爆。

素体
ヘッド

ハンド

衣装

ベレー帽

装備品

ブーツ

M1ヘルメット
bbi/G1素体の足を7ミリ短く、胴を7ミリ伸ばしています
スカルピー粘土による自作カスタム
ハンド部ドラゴン&手首パーツbbi
be-com.SHOP
be-com.SHOP
be-com.SHOP&ドラゴン
ニューラインミニチュアの物を、甲低・幅狭カスタム
自作カスタム

                p               

● ベレー帽 ●
縫い目、ギャザーが入らないよう製作しました。
蒸気を当てながら、型にプレスする方法が本来のフエルト帽子の作り方と思いますが、
専用の道具を持ってないので、代用として、大きい糸巻きを型とし、
フエルトを濡らしながらアイロンでギュッギュッ引っ張ってここまで形取りができました。
あとから頭のてっぺんに当たる部分を指で引っ張り伸ばし、丸みを出しました。
まずまずの出来ではないでしょうか・・・。
                          

戻る